本物を忠実に再現しないのが魅力? クリスマス、コロナ禍で「プラレール」販売4割増の秘密に迫る       

 同社によると、最も売れた商品はレールで、車両では東北新幹線E5系「はやぶさ」や新幹線電気軌道総合試験車923形「ドクターイエロー」が上位人気を占める。同社にはたくさんの手紙やメールが届いており、「自分の住む地域の車両を作ってほしいという声が一番多い」(手塚氏)という。

 プラレールが子供を魅了する理由について、手塚氏は「日本は鉄道が身近な存在でヒーローになっていることが大きい」と話す。遅延の多い海外の鉄道とは異なり、日本の鉄道はかっこよく、将来なりたい職業に運転士が上位に入るなど子供たちにとって憧れの存在でもある。

 今年のクリスマスはサンタクロースから、どれくらいのプラレールが子供たちのもとに届けられるのだろうか。

(経済本部 黄金崎元)

会員限定記事会員サービス詳細