1食で栄養ばっちり「完全食」 ドリンクにパン、チョコレートまで(2/2ページ) - 産経ニュース

速報

速報

入江聖奈が日本女子初の「金」 BOX女子フェザー級

メインコンテンツ

1食で栄養ばっちり「完全食」 ドリンクにパン、チョコレートまで

 一方、パンや麺といった主食を完全食にしたものもある。「ベースフード」(同目黒区)は29年、「ベースパスタ」と呼ばれる完全食のスパゲティを発売。通常の麺のようにゆで、パスタソースなどで味付けをして食べる。

 次いでパンの完全食、「ベースブレッド」も開発。雑穀の味が濃い「プレーン」のほか、菓子パンのように楽しめるシナモン味やメープル味、チョコレート味もある。

 社長の橋本舜さん(32)は、学校給食を理想としてベースフードの麺やパンを開発したと話す。「一汁三菜のバランスの取れた食事を、誰でも食べられるわけではない。小学校の給食は、栄養の知識がなくても、食べていれば必要な栄養素がそろう」。購入者の中には、塾通いの子供に持たせる人もいるという。

 スイーツ感覚の完全食もある。「SpinLife(スピンライフ)」(札幌市)は完全食のチョコレート「andew(アンジュ)」を今年5月から販売。食事ではなく、おやつとして食べることを想定しているため、1食で必要な栄養素のすべては摂取できないが、ビタミンやミネラルなど不足しがちな栄養素を補える。

 開発を手掛けた社長の中村恒星さん(25)は北海道大医学部で医師を目指す現役の学生。かたい物を食べると口の中に強い痛みを感じる「表皮水(すい)疱(ほう)症」という皮膚病の患者に出会ったのがきっかけとなった。

 栄養が取れて、「患者さんが家族や友人と一緒においしく食べられる物を作りたい」との思いで完全食の開発を進めた。口の中で溶け、贈り物としても親しまれるチョコレートにたどり着いた。

 板チョコタイプが主力だが、今月にはガトーショコラも販売。中村さんは「病気でない人も楽しめるということは、患者さんにとってもうれしいはず」と完全食チョコの魅力を語った。