1食で栄養ばっちり「完全食」 ドリンクにパン、チョコレートまで(1/2ページ) - 産経ニュース

メインコンテンツ

1食で栄養ばっちり「完全食」 ドリンクにパン、チョコレートまで

1食で栄養ばっちり「完全食」 ドリンクにパン、チョコレートまで
1食で栄養ばっちり「完全食」 ドリンクにパン、チョコレートまで
その他の写真を見る (1/4枚)

 栄養バランスを考えながら、日々食事を取るのは意外と難しい。タンパク質や糖質、脂質、ビタミンにミネラル-。どの栄養素も十分取りたいが、多すぎてもよくないし、そもそも何をどれくらい食べればよいのかも分からない。そんな声に応えるのが、1食で必要な栄養素を摂取できる「完全食」だ。ドリンクタイプから主食、お菓子まで、さまざまな種類の完全食が登場している。(橘川玲奈)

 完全食に明確な定義はないが、1食分に人が生活するのに必要なさまざまな栄養素が詰まっている食品を指すことが多い。特定の栄養素のみを補うサプリメントなどとは異なり、一定の満腹感も得られる。海外では2010年代前半頃から出始めた。

 国内で先駆けとなったのは、「COMP(コンプ)」(東京都渋谷区)が平成27年に販売を始めた、粉末を溶かして飲むドリンクタイプの完全食だ。

 主力の「トータルバランスドモデル」は1食分400キロカロリー。タンパク質や各種のミネラル、ビタミンなどに加え、脂質など必要な栄養素が含まれている。

 専用のシェーカーに、パッケージに入った1食分(94グラム)の粉末と水300ミリリットルを入れ、よく振れば出来上がる。飲んでみると、薄めた豆乳か牛乳のような味で、少し甘みを感じた。

 取締役の宮本善史さん(43)によると、購入者には20~30代の男性が多いという。「食事の時短を目指す人や、栄養について考えるのが面倒、という人が多い」という。一方で、百貨店で試飲販売を行うと、意外にも女性が足を止めるという。中には高齢の親世代の健康のために買い求める人もいるそうだ。