こたつ列車で温まろう 三陸鉄道、今季も運行開始 - 産経ニュース

メインコンテンツ

こたつ列車で温まろう 三陸鉄道、今季も運行開始

三陸鉄道の「こたつ列車」に登場した鬼の面をかぶった「なもみ」=19日午後、岩手県普代村
三陸鉄道の「こたつ列車」に登場した鬼の面をかぶった「なもみ」=19日午後、岩手県普代村

 東日本大震災で被災した岩手県の三陸鉄道は19日、座席にこたつを据えた冬の風物詩「こたつ列車」の運行を始めた。冷えた体を温めながら、ゆったりとした気分で自然豊かな沿線の景色を楽しめる。来年3月28日まで土日祝日に久慈-宮古を1日1往復する。

 久慈駅を出発した列車には15人前後が乗車。妻や娘と乗り込んだ岩手県宮古市の会社員、赤沼喜典さん(58)は「新型コロナウイルスで遠出ができない中、楽しみにしていた」と笑顔だった。

 地元の伝統芸能で鬼の面をかぶった「なもみ」が車内に登場し「悪い子はいねーか」と乗客を驚かす場面も。赤沼さんの娘のひなたちゃん(8)はこたつに隠れ「勉強もお母さんの手伝いも頑張る」と誓っていた。

 今季はコロナ対策で乗車定員を従来の半分程度とした。乗車券のほかに座席指定料金が必要。久慈-宮古の片道料金は合計2190円。