ネットの批判「思考回路が欠如」 秋田知事発言、その後訂正

秋田県の佐竹敬久知事
秋田県の佐竹敬久知事

 秋田県の佐竹敬久知事は18日の県議会委員会で、県の新型コロナウイルス対策が不十分だと指摘するインターネット上の書き込みについて「書き込むのはテレビや新聞を見ない人。あまり基礎知識がなく、思考回路が少し欠如している」と語った。その後「言い過ぎた」として発言を訂正した。

 県の対応を批判する書き込みが散見されると県議から問われた佐竹氏は「私も書き込みを見ているが、相当間違っている。どのように教育するかが難しい」と答えた。その後「適切な書き込みもあるが、情報不足な書き込みがあるようにも思える」と訂正した。

 秋田県は、高齢者が多いとして、テレビや新聞広告を通じたコロナ対策の情報発信に力を入れている。