国内最長飼育のサメ死ぬ 仙台うみの杜水族館 - 産経ニュース

メインコンテンツ

国内最長飼育のサメ死ぬ 仙台うみの杜水族館

仙台うみの杜水族館で飼育展示されていたヨシキリザメ(同館提供)
仙台うみの杜水族館で飼育展示されていたヨシキリザメ(同館提供)

 仙台うみの杜水族館(仙台市)は17日、飼育展示していた雄のヨシキリザメが15日に死んだと発表した。推定4歳だった。同館によると、飼育日数は平成30年7月からの873日間で、国内最長記録だった。

 同館によると、体長114センチ、体重約4キロ。ヨシキリザメは鮮やかな青色で「世界で最も美しいサメ」と呼ばれ、水族館の人気者だった。世界的にも飼育事例が少なく、世話が難しいという。7月中旬から体調を崩し、治療を続けていた。今後死因を詳しく調べる。

 飼育担当者は「これまでに得た技術やデータを無駄にしないよう、これからも飼育に挑戦したい」と話した。