外務省主催の国際漫画賞 台湾作家が最優秀賞 - 産経ニュース

メインコンテンツ

外務省主催の国際漫画賞 台湾作家が最優秀賞

 外務省は16日、海外の優れた漫画作品を表彰する「第14回日本国際漫画賞」の受賞作品を発表した。最優秀賞には台湾の韋●(=くさかんむりに離)若明(イリ・ジャクメイ)氏の作品で、納棺師となった女性を扱った「送葬協奏曲」が選ばれた。例年は受賞者を日本に招いて授賞式を行っているが、今回は新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、来年2月にオンラインで開催する予定。

 日本国際漫画賞は平成19年に漫画好きとして知られる当時の麻生太郎外相が創設した。漫画を通じて日本文化の普及や相互理解の促進につなげる狙いがある。

 今回は電子媒体での応募も認め、61の国・地域から過去最多となる383作品の応募があった。