G大阪が2位確定 J1、川崎は年間最多得点 - 産経ニュース

速報

速報

伊藤美誠が「銅」 卓球女子単で初メダル

メインコンテンツ

G大阪が2位確定 J1、川崎は年間最多得点

【サッカーJ1横浜FC対G大阪】前半 先制ゴールを決めたG大阪・倉田秋(10)=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・矢島康弘)
【サッカーJ1横浜FC対G大阪】前半 先制ゴールを決めたG大阪・倉田秋(10)=ニッパツ三ツ沢球技場(撮影・矢島康弘)

 サッカーの明治安田生命J1リーグは16日、ニッパツ三ツ沢球技場などで6試合が行われ、G大阪は倉田のゴールなどで横浜FCに2-0で快勝し、勝ち点65として2位が確定した。天皇杯全日本選手権と来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の出場権を獲得した。

 横浜FCの元日本代表FW三浦は後半途中から出場し、自身の持つJ1最年長出場記録を53歳9カ月20日に更新した。

 川崎は浦和を3-1で下し、34試合制となった2005年以降で年間最多得点となる85点に達した。三笘は今季13点目を決め、プロ1年目での最多ゴール記録に並んだ。

 C大阪は鳥栖に1-2で敗れ、勝ち点59のまま。柏はオルンガの得点で広島に1-0で勝利。仙台は清水に、大分は湘南に競り勝った。