中1男女殺害事件の被告、控訴取り下げと後悔連発の言い訳

 異議審の決定は、控訴審を望む被告にとっては不利な内容だった。ところが被告は勘違いし、逆に有利な内容と受け止めたようだ。被告は当時、拘置所生活に不満を募らせており、看守らが有利な決定が出た自分への嫌がらせとして、外部への文書の発信制限や身体検査をしていると邪推。文通相手には「控訴を取り下げて嫌がらせから解放されたい」などとほのめかしていた。

 そして3月24日、看守から規則違反を告げられた被告は、またも弁護人に相談することなく控訴を取り下げた。ところが再び心変わりしたのか、高裁宛ての手紙で《訳が分からなくなってやってしまった》《一時の感情だった》と取り下げ撤回を懇願している。

弁護人に同情も

 1度目の控訴取り下げを「今回に限り無効」と寛大な判断をしたが故に、被告に顔を潰された形となった高裁の村山浩昭裁判長は、2度目の取り下げは軽視できないとして「有効」と決定。控訴手続きの終了を宣言した。

 村山裁判長は「死刑判決が確定することを明確に意識し、自らの判断で提出した」と指摘。極めて重大な結果をもたらす行為に及びながら「わずか数時間後に早くも後悔し大騒ぎ」「ひとえに被告自身の責に帰すべき」と厳しく非難した。さらに「1度ならず2度も事態に対処するため、職責とはいえ多大な労苦を強いられた」と弁護人への同情ともとれる言葉も残した。

 今回の決定に弁護人は異議を申し立てたが、覆らなければ死刑が確定する。2度にわたる身勝手な行動で裁判所と弁護人、そして遺族を振り回した山田被告。女子生徒の遺族の代理人は「一日でも早く結論を出してほしいという思いで過ごしてきた」と裁判終結に期待を示しながらも、「娘を亡くした悲しみが癒やされることはない」とコメントした。

会員限定記事会員サービス詳細