中1男女殺害事件の被告、控訴取り下げと後悔連発の言い訳

 「わずか数時間後に後悔して大騒ぎ」「被告自身の責に帰すべき」。大阪高裁が11月、ある被告に対して下した決定には辛辣(しんらつ)な言葉がつづられていた。裁判官があきれ、怒りの矛先を向けたのは、中学生2人を殺害した罪で死刑判決を受けた後、2度にわたり1審大阪地裁判決の確定を意味する控訴取り下げに及んだ山田浩二被告(50)だ。弁護側は取り下げの無効を求めたが、高裁はこれを一蹴。決定文を読み解くと、裁判所や弁護人、遺族をも巻き込んだあまりに身勝手な言動が浮き彫りになった。

「私の命が…」

 「もうこれ以上、耐えられない。ごめんなさい。やまだこうじ」

 今年3月24日昼、大阪拘置所(大阪市都島区)で勾留されていた被告は、看守部長をインターホンで呼んだ。控訴取り下げ用紙を受け取ると、ボールペンで冒頭の言葉を殴り書き。わずか10分で提出を終えた。控訴を取り下げたのは、これが2度目だった。

 だが、3時間後に弁護人と面会すると「やっぱりさっきの控訴取り下げ、やめれませんか」と翻意。高裁宛ての手紙には「無効にしてください。私の命がかかっています」などと記したという。

 被告は平成27年夏に大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人を殺害したとして殺人罪に問われた。殺意の有無や責任能力を争った1審大阪地裁の裁判員裁判で死刑判決を受け、即日控訴。経緯や動機面などで不明な点が多く、控訴審で真相解明に近づくことが期待されたが、公判を前に裁判は異例にして複雑な展開をたどることになる。

「看守が嫌がらせ」と邪推

 最初の控訴取り下げは、1審判決から約半年後の昨年5月。被告はボールペンの貸し借りをめぐる看守とのトラブルをきっかけに自暴自棄になり、独断で控訴を取り下げたが、その後無効を主張した。高裁は被告の行為を「あまりに軽率」と指摘した上で、「今回に限り、取り下げを無効とする」と決定した。

 しかし、高裁の別の裁判体(異議審)は今年3月16日、この判断は不適切だとして再検討するよう審理を差し戻した。そして、その結論を待たずに被告は2度目の取り下げに及ぶ。なぜだったのか。