ミドリムシのユーグレナ 青汁のキューサイを買収 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ミドリムシのユーグレナ 青汁のキューサイを買収

 ミドリムシ原料の健康食品を手がけるユーグレナは15日、投資ファンドのアドバンテッジパートナーズや東京センチュリーと共同で、「青汁」で知られる健康食品のキューサイ(福岡市中央区)を買収すると発表した。1年以内の連結子会社化を目指す。両社は健康食品と化粧品の通販を展開するが、若者層に強いユーグレナとシニア層に強いキューサイとが相互に補完しあうことで、事業基盤を強化する。

 ユーグレナなどは10月21日付で、キューサイ株所有のための特別目的会社(SPC)を設立。キューサイの親会社にあたるコカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(HD)から全株式を取得する。買収額は数百億円の見通し。

 ユーグレナは平成17年に設立。ミドリムシの健康食品や化粧品に加え、近年ではバイオ燃料の開発にも乗り出している。24年に東証マザーズに上場、26年に東証1部に指定変更した。令和2年9月期連結売上高は133億円。

 キューサイは昭和40年設立。東証2部に上場していたが、MBO(経営陣による自社株買収)により平成19年に上場廃止。22年にコカ・コーラボトラーズジャパンHDの前身のコカ・コーラウエストが約360億円で買収した。令和元年12月期連結売上高は249億円。