座間9人殺害、白石被告に死刑判決 地裁立川支部「全員承諾なし」

東京地裁立川支部=15日午後、東京都立川市(桐山弘太撮影)
東京地裁立川支部=15日午後、東京都立川市(桐山弘太撮影)

 神奈川県座間市のアパートで平成29年、15~26歳の男女9人が殺害された事件で、強盗強制性交殺人などの罪に問われた無職、白石隆浩被告(30)の裁判員裁判の判決公判が15日、東京地裁立川支部で開かれた。矢野直邦裁判長は、9人全員が殺害を承諾していなかったと認定。「犯罪史上まれに見る悪質な犯行。SNS(会員制交流サイト)が当たり前となっている社会に大きな衝撃を与えた」などと述べ、求刑通り死刑を言い渡した。

 白石被告は公判で起訴内容を認め、死刑でも控訴しない意向を示していた。これに対し、弁護側は判決後、「控訴する方向で検討する」と述べた。

 一連の事件では、ツイッターに「死にたい」と書き込むなどした若者が狙われ、約2カ月間に9人が犠牲になった。被害者が殺害を承諾したかどうかが最大の争点で、弁護側は有期刑のみの承諾殺人罪が成立すると主張していた。

 矢野裁判長は判決理由で、被害者の抵抗状況だけでは承諾がなかったと認定できないと指摘。一方で、事件に至る経緯や犯行状況に関する被告の供述は「信用性を基本的に肯定できる」とした。

 その上で、被害者はいずれも被告に殺害されることを想定していなかったり、自殺の意図があったとしても、想定とはかけ離れた方法で殺害されたりしたなどとして、全員が「黙示を含め承諾はしていなかった」と認定。「金銭や性欲などが目的の身勝手な犯行で、精神的に弱っている被害者を誘い出す手口は巧妙で卑劣というほかない」として「死刑をもって臨むことが真にやむを得ない」と述べた。

 判決によると、白石被告は座間市の自宅アパートで29年8月下旬~10月下旬、女性8人に性的暴行した上、男性1人を加えた9人をロープで首を絞めて殺害し、現金数百~数万円を奪った。