映画「鬼滅の刃」興収300億円突破 歴代最速 - 産経ニュース

メインコンテンツ

映画「鬼滅の刃」興収300億円突破 歴代最速

 映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」より(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)
 映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」より(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)

 アニメーション映画「劇場版『鬼滅(きめつ)の刃(やいば)』無限列車編」の13日までの国内の興行収入が302・9億円となり、300億円を突破し、観客動員数は2253万人に達した。配給元の東宝などが14日、発表した。

 国内の興収が300億円を超えた映画は、「千と千尋の神隠し」に次いで2作目。10月16日の公開から59日目での300億円突破は、「千と千尋の神隠し」の約8カ月を抜いて歴代最速となる。

 また、「千と千尋の神隠し」がもつ国内興収歴代トップの記録である308億円まで、あと約5・1億円に迫った。

 「鬼滅の刃」は、漫画家の吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの同名漫画が原作。大正時代を舞台に鬼に家族を殺害された少年が、鬼にされた妹を人間に戻すため鬼と戦う物語。家族愛や友情などが描かれている。テレビアニメ化され、映画はその続編の位置づけ。

 今月4日にコミックスの最終巻が発売され、発行部数が累計で1億2000万部を突破するなど話題がつきない。映画館では隔週替りで新しい来場特典グッズを配布するなど、観客動員のペースが落ちていない。