ロッテの小島が倍増の3400万円、角中は大幅減の7500万円 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ロッテの小島が倍増の3400万円、角中は大幅減の7500万円

契約更改交渉を終え、クリスマスツリーを手にガッツポーズするロッテ・小島=14日、ZOZOマリン(代表撮影)
契約更改交渉を終え、クリスマスツリーを手にガッツポーズするロッテ・小島=14日、ZOZOマリン(代表撮影)

 ロッテの小島が14日、契約更改交渉に臨み、倍増の年俸3400万円でサインした。2年目の今季は開幕から先発ローテーションを守り、7勝(8敗)をマーク。「来季は規定投球回数をクリアした上で、自分で貯金をつくりたい」と抱負を語った。

 角中は2500万円減の7500万円で更改した。今季は打率2割4分4厘、2本塁打、15打点と振るわず「個人的な目標はほぼない。チームとして優勝したいという思いしかない」と言葉に力を込めた。

 1年目を終えた佐藤は400万円増の1600万円だった。代打で存在感を示した一方、リード面に課題を残し「来季は捕手として試合に出られるようにしたい」と成長を誓った。(金額は推定)