首相、コロナ対応の医療関係者に「処遇支援したい」 国立国際医療研究センター視察

菅義偉首相
菅義偉首相

 菅義偉首相は14日、新型コロナウイルス対応にあたる国立国際医療研究センター(東京都新宿区)を視察した。視察後、首相は記者団に「医療関係への支援を行うと同時に、看護師、病院関係者の処遇をしっかりできるような形で支援していきたい」と語った。

 首相は医療関係者について「自らの危険を顧みず、患者を何とか救おうという強い思いの中でコロナと真正面から戦っている。皆さんに感謝とお礼を申し上げたい」と強調。医師会や看護師協会などの団体を通じて派遣される医師や看護師には「処遇を倍増したい」と述べた。