浪速風

来年はしぶこ流で

 「夢かなと思いました。今のうちに写真を撮っておきたい」。ゴルフの全米女子オープンで2日目を終え、決勝進出を決めた際の渋野日向子選手のコメントがふるっていた。予選通過どころか、ボードの一番上にある自分の名前を見ての感想だ。とても昨年の全英女子チャンピオンとも思えないが、この初々しさが愛されるキャラクターのゆえんだろう

 ▼しぶこフィーバーに沸いた昨年から打って変わって今年は思うような結果が残せていなかった。復調の兆しが見え始めていた矢先の、まさかの事態である。最終日は悪天候で順延中だが、堂々の首位争いを繰り広げている。多くの日本のファンを寝不足にしているのはまちがいない ▼勝ち負けは大事だが、スポーツ観戦の醍(だい)醐(ご)味(み)はその過程にもある。見る側をどれだけワクワクさせてくれるかどうか。前向きに戦う姿はコロナ禍で沈みがちな気分を上向けてくれる。来年はしぶこ流を見習いたい。

会員限定記事会員サービス詳細