動画

今年の漢字は「密」に 京都・清水寺で発表

「密」の字を揮毫する森清範貫主=14日午後、京都市東山区の清水寺(代表撮影)
「密」の字を揮毫する森清範貫主=14日午後、京都市東山区の清水寺(代表撮影)

 令和2年の世相を漢字一字で表す「今年の漢字」が14日、京都・清水寺で、「密」と発表された。新型コロナウイルス感染拡大で、「3密」の回避が求められたことが反映された。

 日本漢字能力検定協会が毎年公募し、26回目。2位は「禍」、3位は「病」が続いた。揮毫(きごう)した森清範(せいはん)貫主(かんす)は「密は心のつながりも表す。コロナ禍で国民や医療従事者が苦労している中、いい年になるよう祈念して書きました」と話した。