児童のスカーフ禁止は違憲 オーストリア憲法裁、イスラム教徒狙い撃ちと認定

 オーストリアの憲法裁判所は11日、小学校で児童に髪を隠すスカーフの着用を禁じた法律について違憲との判断を示した。イスラム教徒を狙い撃ちしており平等の原則に反すると認定した。地元メディアなどが報じた。

 この法は2019年に施行された。オーストリアには15年の難民危機以降、多くのイスラム教徒らが流入した。イスラム教徒の女性の中には、公共の場所でスカーフなどを使って頭部を隠す人がいる。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細