コロナ感染で出場できず メドベ、厳しいシーズン

 フィギュアスケート女子で2018年平昌冬季五輪銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(21)=ロシア=が11日までにタス通信の取材に応じ、11月に新型コロナウイルスに感染したことを明らかにした。今季は一度も大会に出場できず「シニア6季目は恐らく私にとって最も厳しい」と語った。

 今秋は背中の痛み、11月の大半と今月上旬に重い肺炎の症状に襲われた。11月後半のグランプリ(GP)シリーズ第5戦のロシア杯(モスクワ)や今月の国内大会を欠場。氷上練習を8日に再開したが、今月下旬のロシア選手権(チェリャビンスク)の欠場も決め「次の大会、来季に向けて練習していく。健康問題が障害とならないことを願っている」と話した。