宇宙からの帰還祝う焼酎発売 はやぶさ2ゆかりの種子島

上妻酒造の「HAYABUSAII Return to the Earth」=10日、鹿児島県南種子町
上妻酒造の「HAYABUSAII Return to the Earth」=10日、鹿児島県南種子町

 小惑星リュウグウで採取した試料が入っているとみられる回収カプセルを地球に無事送り届けた探査機「はやぶさ2」の快挙を祝い、鹿児島県南種子町の「上妻酒造」が限定焼酎を14日に発売する。同町は平成26年、はやぶさ2を載せたH2Aロケットが打ち上げられた種子島宇宙センターがあるゆかりの地だ。

 同年に仕込んだ新酒を、かめで6年間寝かせた長期熟成が特徴。「HAYABUSAII Return to the Earth」と命名し、ラベルには地球とはやぶさ2の機体が描かれている。3千本限定でシリアルナンバー入り。

 上妻酒造の上妻寛大社長(41)は「焼酎が眠っていた6年間に約52億キロを旅して、無事に任務を果たしたはやぶさ2に思いをはせて味わって」。720ミリリットル入り3千円で、同社のオンラインストアなどで購入できる。