千葉老人ホームの睡眠剤殺傷、最高裁で結審 1審破棄の2審見直しか

最高裁判所=東京都千代田区(伴龍二撮影)
最高裁判所=東京都千代田区(伴龍二撮影)

 千葉県印西市の老人ホームで睡眠導入剤入りの飲み物を同僚に飲ませて交通事故を引き起こし、6人を殺傷したとして殺人や殺人未遂などの罪に問われた元職員、波田野愛子被告(74)の上告審弁論が11日、最高裁第2小法廷(草野耕一裁判長)で開かれ、結審した。判決期日は後日指定される。

 争点は被告の殺意の有無で、1審千葉地裁の裁判員裁判判決は殺意を認め、懲役24年とした。これに対し、昨年12月の2審東京高裁判決は「事故に巻き込まれた相手方2人にまで未必の殺意を認め、殺人未遂罪が成立するとしたのは誤りだ」として1審を破棄、審理を地裁に差し戻した。検察、弁護側双方が上告しており、最高裁は2審の結論を見直す可能性がある。

 この日の弁論で検察側は「事故に巻き込まれた相手への殺意は認められる」と主張。弁護側は「薬を飲ませても事故が起きるとは限らず、殺害行為といえない」とした。