小田急線の回送電車にはねられ、60歳男性が死亡

 10日午前0時20分ごろ、川崎市多摩区西生田の小田急線読売ランド前駅近くの踏切で、男性が本厚木発喜多見電車基地行きの回送電車(7両編成)にはねられ、病院に搬送されたが同1時15分ごろに死亡が確認された。

 神奈川県警多摩署によると、死亡したのは同区に住む職業不詳の男性(60)。電車の運転士は男性を発見できず、異音に気づきブレーキをかけたと話しているという。付近の防犯カメラには遮断機が完全に下りた後、男性が踏切内に入っていく様子が写っていたといい、同署は詳しい事故原因などを調べている。

 小田急電鉄によると、この事故で約1時間半にわたって上下線7本が運転を見合わせ、約2300人に影響が出た。