JUMP伊野尾慧アンビリ初出演で高校時代の恐怖体験を語る

JUMP伊野尾慧アンビリ初出演で高校時代の恐怖体験を語る
JUMP伊野尾慧アンビリ初出演で高校時代の恐怖体験を語る
その他の写真を見る (1/2枚)

 Hey! Say! JUMPの伊野尾慧(30)が、フジテレビ系の人気番組「奇跡体験!アンビリバボー みんなでXマス!ミステリー謎解き3時間SP」(17日放送、木曜後7・57)に初出演。高校時代に自身が体験したミステリアスな出来事を語る。

 今回は「ミステリースペシャル」と題し、世界各国のミステリー映像や不可解な事件、事故のエピソードを紹介。ゲストは伊野尾のほか、木村拓哉主演の二夜連続SPドラマ「教場II」(来年1月3、4日放送)に出演する岡崎紗絵、樋口日奈(乃木坂46)ら。

 人がいないのに勝手に開く自動ドアの映像では「なぜ自動ドアが開くのか」と一同で推理する。樋口は「オバケとしか思えない」とおびえ、伊野尾は「脳が錯覚していてそもそもドアは開いていない」と珍推理。そのほか不可解な飛行機事故悪魔に取り憑(つ)かれた女性などのエピソードを考察する。

 ゲストが名探偵になりきり、ミステリーの真相を当てるコーナーも。伊野尾は名探偵ポアロで謎解きに挑戦。娘が一人暮らしを始めたことをきっかけに、父親が突然Instagramで女性の下着をつけ、体を露出した写真を投稿し続ける。真面目だった父親はなぜ写真を投稿するようになったのか。名探偵・伊野尾は華麗に謎を解くことができるのか。

 自身は高校時代のエピソードとして、修学旅行でオーストラリアに行った際、散歩している途中に命の危険にさらされた実体験を語る。

 さらにアンビリバボーの体験を聞かれると、「それはもうアンビリに出演していること」と笑顔で答え、「子供の時は番組が始まる頃に寝ないといけなかったので、ふすまの隙間からこっそりと見ていた記憶がある。そんな記憶が残っている番組にまさか自分が出られるとは。これこそが奇跡体験」と話す。

 名探偵のコスプレは見どころの一つという。

 「女性陣のコスプレはみなさんかわいらしい。僕のポアロはなかなかコスプレする人がいないと思うので新鮮だった。ポアロの名ぜりふも言えたので個人的には満足(笑)。みなさんも僕たちと一緒に謎解きに挑戦していただければ」と自ら番組をエンジョイしていた。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細