現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

12月10日

 昨日の小紙1面の「朝晴れエッセー」は多くの読者にとって、わが意を得たり、だったのではないか。作者がかつて旅行中に紛失した携帯電話を、JRの女性駅員はいやな顔ひとつせずごみをかき分けて探してくれた。

 ▼コロナ禍の影響でJR各社が赤字転落したとのニュースを聞いて、あらためて感謝とエールを伝えたいというのだ。「今更だが、今だから」。日々の暮らしを以前と同じように支えてくれている、エッセンシャルワーカーと呼ばれる人たちすべてに向けて書かれたエッセーとして受け止めた。

 ▼なかでも最前線で重要な役割を果たしてきた、看護師ら病院職員の退職が相次いでいる。「もし感染したら、自分は、家族はどうなるのか」。コロナ患者を受け入れている病院では、看護師は恐怖と隣り合わせである。激務に対してねぎらいの言葉をかけられるどころか、心ない暴言にさらされ、差別や偏見に苦しんできた。

ランキング

  1. 【産経抄】5月28日

  2. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  3. 【緯度経度】ウクライナ…仏独に出番はあるか 三井美奈

  4. 【主張】中露が拒否権行使 北を焚き付け平和乱すな

  5. 【主張】訪日観光客の解禁 コロナと共存し回復図れ

  6. 【浪速風】人のふり見て、わがふり直せ

  7. 【正論】「国家神道」は戦時下の反日宣伝 東京大学名誉教授・平川祐弘

  8. 【主張】国民審査判断 憲法のあり方考える機に

  9. 【産経抄】5月27日

  10. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

会員限定記事