再評価される早世の天才画家 「鹿の名手」中原芳煙の世界

再評価される早世の天才画家 「鹿の名手」中原芳煙の世界
再評価される早世の天才画家 「鹿の名手」中原芳煙の世界
その他の写真を見る (1/6枚)

 将来を期待されながら39歳で早世した島根県美郷町出身の日本画家、中原芳煙(ほうえん)=1875~1915年。鋭い観察眼で描かれた精緻な動植物の絵は見る人の心を癒やす。長らく美術史から埋もれた存在だったが、近年再評価され、再び注目を集めている。

気品と詩情あふれる作風

 芳煙は鉄山経営の家に生まれ、父親の影響で幼い頃から絵を描くのが好きだった。画家を志して東京美術学校(現東京芸大)に進学。日本画の巨匠、川端玉章(かわばた・ぎょくしょう)に師事し、首席で卒業した。

ランキング

  1. 被害者は23歳女子大学生 東京・小金井の殺人事件

  2. 立てこもり 母の在宅医療めぐりトラブルか 容疑者黙秘

  3. 【許さない 未解決事件のいま】(2)消えたシルビア「コグレは生きている」 群馬一家殺害

  4. 「トー横の王」逮捕 女子中学生とわいせつな行為

  5. 税務署員2人を停職処分 無許可で兼業、東京国税局

  6. 立てこもりで死亡の医師 在宅医療に心血「地域医療の要」

  7. 猟銃立てこもり、人質の男性医師が死亡 容疑者は66歳無職男

  8. 20代女性殺害疑い男逮捕 東京・小金井の住宅

  9. インタビュー装い女子高生盗撮、動画を販売

  10. 旅行「断れなかった」、長女放置死で被告の母親