北海道旭川市に自衛官派遣 新型コロナ対応 大阪府は週内に決定

クラスターが発生した北海道旭川市の慶友会吉田病院=7日
クラスターが発生した北海道旭川市の慶友会吉田病院=7日

 岸信夫防衛相は8日、防衛省で記者団に対し、新型コロナウイルスの感染拡大により医療体制が逼迫(ひっぱく)している北海道旭川市に対し、看護師資格を持つ自衛官ら5人でつくる医療支援チーム2班を同日中にも派遣すると明らかにした。

 防衛省幹部によると、同じく医療体制が逼迫している大阪府への医療支援チームの派遣についても調整を進めており、週内に派遣を決めるという。

 岸氏は「重症者や死亡者の発生を可能な限り食い止める政府の方針に引き続き貢献していきたい」と述べた。