知人殺害で医師に懲役19年 地裁浜松支部 公判前整理、異例の6年超

 浜松市で平成24年7月、知人の建築会社経営、高森繁治さん=当時(68)=を殺害したとして、殺人や死体遺棄などの罪に問われた歯科医師、藤井敏美被告(65)の裁判員裁判で、静岡地裁浜松支部は8日、懲役19年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。争点を絞り込む「公判前整理手続き」に異例の6年超を費やし、注目された。

 弁護側は「殺害の動機が認められない」と無罪を主張したが、山田直之裁判長は判決理由で、高森さんから頼まれた土地取引が進んでいるかのように文書を偽造したと指摘し「うその発覚を回避するために殺害する動機があった」と認定。「睡眠薬を用い、意識水準を低下させて殺害し、悪質だ」と述べた。

 判決によると、24年7月12日ごろ、高森さんに睡眠薬を投与し、クロロホルム吸引かその他の方法で殺害。遺体を市内のガレージの工具箱に入れ遺棄した。

 整理手続きは25年2月に付され昨年5月まで行われた。証拠開示調整などに時間がかかったとみられる。