漫画家の花村えい子さん死去 「霧のなかの少女」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

漫画家の花村えい子さん死去 「霧のなかの少女」

 「霧のなかの少女」などの作品で知られる少女漫画の草分け、花村えい子(はなむら・えいこ、本名・山賀栄子=やまが・えいこ)さんが3日午後8時12分、多臓器不全のため東京都内の自宅で死去した。91歳。埼玉県出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は長女、ひろ子さん。

 昭和34年、貸本向けの漫画「紫の妖精」でデビュー。多くの少女漫画誌に執筆し、波瀾万丈の物語で注目された。1960年代に連載した「霧のなかの少女」は、後に「家庭の秘密」のタイトルでテレビドラマ化された。