現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

hanashikaの時間。

芸人流ウオーミングアップ 桂小春団治

桂小春団治さん
桂小春団治さん

花博記念公園で昔、花博5周年記念ミュージカルに森の樹々たちの長老の役で出演しました。

出演者は歌手、ダンサー、役者、そして落語や漫才などのお笑い芸人と雑多でしたが、そのとき気付いたのは、皆さんのウオーミングアップの違いでした。

歌手はメークしながら発声練習を、ダンサーは廊下などで入念に柔軟体操をして、役者は殺陣(たて)の動きを確認している。歌っているときに声がかすれたり、踊ったり、アクションをしたりしているときにケガをしないように、ある種保険のような大事な準備です。

ランキング

  1. 【正論】私が若い頃から保守だったわけ エッセイスト・動物行動学研究家 竹内久美子

  2. 【一筆多論】拒否権が弄ばれた挙げ句 内畠嗣雅

  3. 【産経抄】5月17日

  4. 【浪速風】国技が教えてくれる

  5. 【主張】コロナ対策の強化 司令塔への権限集中を 病床確保は強制力伴う措置で

  6. 【主張】免許更新制の廃止 教員の資質向上策明確に

  7. 【日曜に書く】人類はわずか30年後に滅亡し、進化形「ホモ・AIエンシス」が誕生する 論説委員・長辻象平

  8. 【産経抄】5月16日

  9. 【正論】周到な「聖徳太子抹殺計画」 次期指導要領案は看過できない 拓殖大学客員教授・藤岡信勝

  10. 【正論】LGBTには「生産性」がある 動物行動学研究家、エッセイスト・竹内久美子

会員限定記事