「鬼滅の刃」最終23巻発売、スーツ姿の会社員ら開店前に行列 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「鬼滅の刃」最終23巻発売、スーツ姿の会社員ら開店前に行列

「鬼滅の刃」最終23巻発売、スーツ姿の会社員ら開店前に行列
「鬼滅の刃」最終23巻発売、スーツ姿の会社員ら開店前に行列
その他の写真を見る (1/2枚)

 社会現象を巻き起こした吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)さん作の人気漫画「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」の最終巻となる23巻が4日、全国で発売された。書店では開店前からファンらの行列がみられ、店側は新型コロナウイルス感染拡大防止へ対策をとりながら対応に追われた。

 大阪市中央区のブックファーストなんばウォーク店では、午前8時の開店前からスーツ姿の会社員ら数十人が列をつくった。店の入り口付近に特設コーナーを設ける一方で、コロナ対策として消毒液を設置し、マスク着用を呼び掛ける紙を掲示していた。

 大学生の長男に頼まれたという大阪府富田林市の男性会社員(56)は「私も読んでいるが、連載にはない描き下ろしが最終巻に入っているので、早く読みたくてうずうずしています」。大阪市の会社員の女性(28)も「鬼滅の刃が今回で最終回かと思うと、とても寂しい」と話した。

 同市浪速区のジュンク堂書店難波店のコミック担当者によると、最終23巻に作者の描き下ろしが追加収録されることが発表された先月下旬から予約が急増。「反響の大きさを感じています」と話した。

 大手フリマアプリ「メルカリ」では同日朝から、定価460円(税別)に対して1500円前後で出品される状況もみられた。

      ◇

 鬼滅の刃 週刊少年ジャンプ(集英社)で平成28年2月から今年5月まで連載された、吾峠呼世晴さん原作の漫画。人食い鬼がすむ大正時代の日本が舞台で、鬼に家族を殺された主人公の少年・竈門炭治郎(かまどたんじろう)が鬼と化した妹の禰豆子(ねずこ)を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つために旅立つストーリー。昨年秋まで放送されたアニメをきっかけに人気が拡大し、コミックスの発行部数は累計で1億2千万部(電子版を含む)を突破した。今年10月公開の映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は国内公開映画の興行収入ランキングで「千と千尋(ちひろ)の神隠し」に続く歴代2位となった。