極寒の立ち往生1000台の教訓 カギは除雪の展開力

極寒の立ち往生1000台の教訓 カギは除雪の展開力
極寒の立ち往生1000台の教訓 カギは除雪の展開力
その他の写真を見る (1/3枚)

 「国道で車両立ち往生発生! どんなことが起こるか想像して、必要な情報を集めよう」。指導役の元自衛官の太い声が響く。11月、鳥取県庁で行われた大雪想定の災害警戒本部訓練。参加者の脳裏に浮かんだのは平成29年1月下旬、そして22~23年の年越し豪雪だった。700~千台の車両が県内の国道などで大渋滞し、ドライバーらが長時間、車に閉じ込められた。

極寒の中で立ち往生

 「立ち往生を防ぐには、除雪車をいかに効果的に展開するかが重要」。県庁災害対策本部室で県危機管理情報官の藤木慎一郎さんは、情報分析を担当する職員らにこう話した。

 2度にわたる豪雪禍の大渋滞は大型車がスリップしたり、すれ違えなくなったりしたことが発端だった。このうち年越し豪雪では、22年12月31日から23年1月2日にかけて国道9号の同県米子市~琴浦町間で身動きが取れなくなった車は約千台。極寒の中、何千人もの人たちが食べる物もなくトイレにも行けない不安な時間を過ごした。

 29年1月の場合、23、24の両日に県内の主要道路6カ所で約700台が大渋滞に巻き込まれた。このうち智頭(ちづ)町の国道373号では200台以上が立ち往生。このときには同町の80世帯以上が孤立状態となり、鳥取県の平井伸治知事が自衛隊に災害派遣を要請した。

想像力が重要

 災害警戒本部は、大雪や大雨警報が発令されたり、震度4の地震が発生したりした場合に設置される。ここ2年間は降雪が少なかったため、大雪に関する本部設置はされておらず、今回の訓練参加者約30人は、ほぼ全員が本部業務未経験だ。

 《午後1時半、気象台が大雪警報を発令。その約2時間後、「今後12時間降雪量が平地で30センチとなる見込み」と予報された》

 そんな想定の下、参加者は4班に分かれ、降雪と被害の情報収集や分析をスタート。班員が必要事項を災害警戒本部長に報告した。

 班員「雪崩発生の情報が入りました」

 本部長「どこからの情報?」

 班員「中部総合事務所です」

 本部長「場所を地図に落として」

 迫真のやりとりが続く中、「どんなことが起きるかを想像してください」と指示が飛ぶ。声の主は元自衛官の県危機管理専門官、島瀬達也さん。想像力が情報の幅を広げ、将来の危険を防ぐ。

 《雪崩で家屋が崩壊、道路が通行止め、迂回(うかい)路を設置、国道で大型車の立ち往生発生》

 警察や国土交通省、市町村役場などを想定した係から次々と連絡が入り、時間を追ってホワイトボードに書き込まれ、机に張られた大きな県地図の上に色分けした付箋で情報が張り付けられる。