ウグイス初鳴き、トノサマガエルの初見…気象庁が観測終了、「予報官庁」から「防災官庁」へ

ウグイス初鳴き、トノサマガエルの初見…気象庁が観測終了、「予報官庁」から「防災官庁」へ
ウグイス初鳴き、トノサマガエルの初見…気象庁が観測終了、「予報官庁」から「防災官庁」へ
その他の写真を見る (1/2枚)

 ウグイスの初鳴き、チューリップの開花…季節の訪れを示す指標として気象庁が続けてきた動植物の観測の大部分が、来年1月に終了することになった。生息数が減って確認が困難になったり、温暖化の影響で指標自体が「季節外れ」となってきていることなどが原因という。70年近く続いてきただけに戸惑いの声も上がるが、「予報」から「防災」に軸足を移そうとしている気象庁の変化も背景にある。(荒船清太)

実態にそぐわず

 気象庁が観測をやめるのは、ウグイスの初鳴きやチューリップの開花のほか、トノサマガエルの初見、シオカラトンボの初見といった計51種目の動植物観測。サクラの開花・満開やカエデの紅葉・落葉など、6種目の植物の観測は続ける。

ランキング

  1. 銚子出港のボート不明 津波注意報解除前に

  2. 東大前刺傷事件 逮捕の少年が9回も放火を試みるも失敗 大量殺人計画か

  3. 潮位上昇の原因は「空振」? 予想外の津波に気象庁困惑

  4. 潮位上昇 神奈川で「緊急メール」最大20回誤配信 知事が陳謝

  5. 絶たれた医療事務の夢 北新地放火、死亡の21歳女性

  6. 女児虐待死、一部否認 両親、さいたま地裁初公判

  7. TBS番組巡り賠償命じる 俳優細川茂樹さん名誉毀損

  8. 医師免許なく治療費詐取か 横浜市の会社役員男逮捕

  9. 上京直後に下見か 受験生訪れるまでの間、少年が東大訪れる 東大前刺傷

  10. 【許さない 未解決事件のいま】(2)消えたシルビア「コグレは生きている」 群馬一家殺害