カルテ改竄疑い 三重大病院元准教授を逮捕

 実際は使っていない薬剤を患者に投与したかのようにカルテを改竄(かいざん)したとして、津地検は3日、公電磁的記録不正作出・同供用の疑いで、三重大病院の元准教授、境倫宏容疑者(48)=津市=を逮捕した。地検は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は2月中旬~3月下旬、多数回にわたり、実際は使わなかった薬剤を使用したかのように電子カルテを改竄したしたとしている。

 問題を調査した大学の第三者委員会は9月、カルテ改竄は平成30年4月~今年3月の約2200件に上り、改竄により計2800万円超の診療報酬を不正受給したとの調査結果を公表した。

会員限定記事会員サービス詳細