渡部建さん謝罪会見

(1)「相手女性には口裏合わせを促した」

 --不倫報道に関して

 「とにかく、当然すぐには受け入れられないですし、どれだけすぐに謝罪しても『わかりました』ということにはならないけど、やはり今までの生き方が間違っていたのではないかと、これからの人生で信頼を回復していくしかないんだろうと、話し合いを重ねて、そう言ってもらいました」

 --「そう言ってもらった」というのは離婚ではなく、これからも一緒に、ということですか

 「『離婚はなしね』ということではなく、これからの僕自身の行動や生き方で信頼を回復していく…はい、離婚しませんということではないです」

 --いつまでの結果で(判断するんですか)

 「日々信頼を取り戻していくということです。いつまでとかではないです」

 --知ったときの奥さまの反応は

 「もちろんですけど、すごい取り乱していました。当然、『信じられない』とか『なぜ』とか、そういうことですかね」

 --なぜ、という問いに対しては

 「本当にバカなことした、いい加減なことした、と。とにかくもう謝罪しました」

 --結婚前からずっと複数の女性と関係があったということですか

 「報道にあった通りですね」

 --報道に出ていた方以外もいらっしゃるのですか

 「今回、いろいろ(週刊)文春の報道を受けまして、心当たりがないものもあったんですけど、妻に謝罪し反省し、これからどう信用を回復していくかということですかね」

 --なぜその場所(多目的トイレ)を選んだのですか

 「自己中心的な考えと言いますか、本当バカなことと言いますか」

 --その場所が必要な利用者の方に対してどう思いますか

 「本当に本当にもう、最もこのことに関しては謝らなければならないことの一つで、本当に愛用している方に大変ご迷惑をお掛けして、深く反省しています」

 --その場所を使ったのはお仕事のついでですか

 「どうしようもないことをしたなと」

会員限定記事会員サービス詳細