女子高生に痴漢 容疑で滋賀県課長逮捕

 京阪電車内で女子高生に痴漢をしたとして、滋賀県警大津署は3日、県迷惑防止条例違反の疑いで、大津市皇子が丘の県企画調整課長、小林啓志容疑者(53)を現行犯逮捕した。署は認否を明らかにしていない。

 逮捕を受け、三日月大造県知事は「県民の信頼を大きく損ね、おわび申し上げる」と謝罪した上で「許しがたい人権侵害であり、事実関係を把握し、厳正に対処する」とするコメントを出した。

 逮捕容疑は3日午前7時50分ごろから午前8時ごろの間、京阪石山坂本線の京阪大津京(大津市)-三井寺(同)間を走行中の電車内で女子高生の下半身を触るなどしたとしている。