「脱炭素社会実現へ取り組み主導」国際会議関連会合で菅首相表明

出邸する菅義偉首相=3日午前、首相官邸(春名中撮影)
出邸する菅義偉首相=3日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)首相は3日、海洋の環境保護や資源保全を目的とする国際会議の関連会合で、「洋上風力発電など海洋の力を活用し、脱炭素社会実現に向けた国際社会の取り組みを主導していく」とのビデオメッセージを寄せた。

 首相は、2050年までに温室効果ガス排出ゼロを目指すことに触れ、「海洋由来の再生可能エネルギーの導入などを通じ、気候変動問題に対し、野心的な行動を取ることも重要」と強調。「イノベーションを通じて、経済と環境の好循環を加速する」とした。

 海洋プラスチックごみ対策では「国際社会の連携が不可欠だ」と呼びかけ、積極的に技術支援を進める考えも示した。

 国際会議は日本やノルウェー、パラオ、豪州、カナダなど14カ国が参加する「持続可能な海洋経済の構築に向けたハイレベルパネル」。2日に海の環境保全と経済活動の両立を訴える初の首脳文書を発表し、会合はこれを踏まえてオンライン形式で開催された。