「夫婦別姓」慎重対応を 自民「絆」議連が下村氏に提言 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「夫婦別姓」慎重対応を 自民「絆」議連が下村氏に提言

自民党・下村博文政調会長
自民党・下村博文政調会長

 選択的夫婦別姓の導入に慎重な自民党有志による議員連盟「『絆』を紡ぐ会」は3日、党本部で下村博文政調会長と面会し、旧姓の通称使用の拡充と周知徹底を求める提言を手渡した。提言は夫婦別姓の導入について「これまで紡いできた家族の絆や相互扶助社会全体の在り方に深く関わるため、くれぐれも慎重な対応をすべきだ」と訴えた。

 下村氏は「自民党は国民とともにある政党だ。困った点や不便だという声があることには議論する」と述べ、法改正の必要性などについて検討していく考えを示した。

 共同代表の高市早苗前総務相は面会後、記者団に「子供をどちらの姓にするかをめぐり両家が対立するなどの混乱が起きる。子供の福祉のためにも、夫婦、親子が同氏であることを堅持したい」と述べた。