訓練機が滑走路逸脱 帯広空港、けが人なし

 2日午後2時20分ごろ、北海道帯広市の帯広空港で、航空大学校帯広分校の教官と20代の学生3人の計4人が乗った訓練機が着陸した際に滑走路を外れた。けが人はなかった。

 同校によると、訓練機は小型のプロペラ機「シーラスSR22」。午後からフライト訓練を行い、学生が操縦、教官が横で指導していた。同校が原因を調べている。