日医会長、都の「Go To」自粛要請を評価「一定の緊張感をもたらす」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

日医会長、都の「Go To」自粛要請を評価「一定の緊張感をもたらす」

日本医師会の中川俊男会長
日本医師会の中川俊男会長

 日本医師会の中川俊男会長は2日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府と東京都が「Go To トラベル」事業の東京発着分に関し、65歳以上の高齢者や基礎疾患のある人に利用自粛を呼び掛けたことについて「一定程度の警鐘、緊張感をもたらしたのではないか」と評価した。

 中川氏は「ちょっとした柔軟な対応が、感染者の指数関数的な伸びを抑え、減少に転じるきっかけに十分なりうる」と述べ、1日の菅義偉(すが・よしひで)首相との会談でも同様の認識を伝えたと説明。今回の対応について「一定程度の期待をもって評価したい」と語った。

 中川氏は11月の記者会見などでは、トラベル事業について「国が推進することで国民が完全に緩んでいる」「(感染者急増の)きっかけになったのは間違いない」などと述べていた。