ロシアで女性26人を絞殺容疑 当局、38歳男を拘束

 ロシア内務省は1日、2011~12年に年金生活者ら中高年の女性26人を殺害し、所持品を奪った疑いで、中部タタルスタン共和国の首都カザンに住む組立工の男ラディク・タギロフ容疑者(38)を拘束したと発表した。内務省が発表した取り調べの映像で、同容疑者は多数の女性を殺害したと認めつつ、人数は思い出せないと供述した。

 発表によると、タギロフ容疑者は中央、ウラル、沿ボルガの各連邦管区の12地域で女性26人を絞殺し、所持品を奪った疑いがもたれている。修理工などを装い被害者を信用させてアパートの中に侵入していたという。映像では「食事がしたかった。簡単に現金が手に入る方法だった」と供述、強盗だけでなく殺害にまで至った理由を説明できないと語った。

 内務省報道官によると、殺害現場の遺留物などから同一人物の犯行と断定して捜査していた。