コロナ感染者を過少発表か、中国内部文書を米報道 - 産経ニュース

メインコンテンツ

コロナ感染者を過少発表か、中国内部文書を米報道

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 米CNNテレビは11月30日、中国当局が新型コロナウイルス発生が確認された初期段階に感染者数などを実際に把握していた数よりも少なく発表していたことが中国側の内部文書で分かったと報じた。新型コロナが最初に流行した武漢市のある湖北省では昨年12月、インフルエンザ感染者が推計で例年の約20倍に達していたことも記されていた。

 文書は湖北省疾病予防コントロールセンターによるもので、昨年10月~今年4月の記録。117ページで機密扱いという。CNNは中国当局が意図的に情報隠しをした証拠は文書にないが、当局が持っていた情報と発表されたものに「多くの矛盾がある」と指摘した。

 CNNによると、当局は2月10日に湖北省で5918人の感染を把握したが、発表されたのは約3分の2に当たる3911人。2月17日に湖北省で死亡した感染者は196人を把握したが、発表は93人にとどまった。(共同)