野球拳の誕生秘話 敗戦の悔しさ晴らした宴会の一発芸

野球拳の誕生秘話 敗戦の悔しさ晴らした宴会の一発芸
野球拳の誕生秘話 敗戦の悔しさ晴らした宴会の一発芸
その他の写真を見る (1/3枚)

 「アウト、セーフ、ヨヨイノヨイ!」で知られる「野球拳」は愛媛県が発祥の地だ。松山市では毎年夏の松山まつりで「野球拳おどり」がにぎやかに繰り広げられ、春のお城まつりでも野球拳の全国大会が開かれるほど。「坊っちゃん列車ミュージアム」(同市)で開催中の野球拳の展示を訪れると、知られざる歴史を知ることができた。

起死回生の宴会芸

 大正13年10月。高松市で開かれた実業団の野球大会に出場した伊予鉄チームは、地元の高商倶楽部に0-8の惨敗を喫した。伊予鉄も強豪だったが、高商倶楽部は高松商業のOBらで作るチームで強かった。

 その夜の懇親会の場でも高商倶楽部は盛り上がり、伊予鉄は押しまくられていた。野球拳はこの時、生まれた。創始者は伊予鉄チームの副監督だった前田伍健(ごけん)さん(本名・久太郎)。メンバーを集め、即席で作詞作曲して振り付けをし、全員でユニホーム姿で踊った。あまりの面白さに敵も味方もなく大宴会となったという。敗戦の悔しさを晴らす会心の一撃だった。

 これ以降、伊予鉄チームは地元や遠征で野球拳を披露し、宴席芸の定番となっていったという。

レコード発売でブーム

 前田さんは明治22年1月、高松市生まれ。高松中学を卒業し伊予水力電気坂出支店に就職した。同社は大正5年に伊予鉄道と合併し伊予鉄道電気となった。前田さんは川柳や俳句のほか、書画、居合術、日本舞踊など多彩な才能の持ち主で、宣伝部に配属され、松山市に住むようになった。

 昭和13年に伊予鉄道を退職。「ごけんさん」と呼ばれ文化人としても活躍し、ラジオ番組で川柳の普及に努めるなどして35年2月11日に死去した。「全国川柳界の七賢人」に選ばれたほか、愛媛県川柳文化連盟初代会長、子規会顧問などを務めた。

 じゃんけんを面白おかしく振り付けしながら行う野球拳。29年にレコードが発売され全国でブームになった。負けた方が服を脱ぐなどの罰ゲームとして使われることがあるが、これは本来の野球拳ではない。前田さんの後輩の富田狸通(りつう)さんらが前田さんを「宗家」とする家元制度を作って、現在に至っている。

「おどり」も展開