旧優生保護法「違憲」 大阪訴訟、仙台に続き2例目の判断

強制不妊訴訟の判決後、「不当判決」の垂れ幕を掲げる原告側の弁護士=30日午後、大阪市北区の大阪地裁(寺口純平撮影)
強制不妊訴訟の判決後、「不当判決」の垂れ幕を掲げる原告側の弁護士=30日午後、大阪市北区の大阪地裁(寺口純平撮影)

 旧優生保護法(昭和23~平成8年)下で不妊手術を強制され、憲法が保障する自己決定権を侵害されたとして、聴覚障害のある大阪府の80代男性、70代妻と知的障害のある近畿在住の女性(77)の計3人が国に計5500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は30日、旧法を違憲と判断した。原告側の請求はいずれも棄却した。

 同種の国家賠償請求訴訟は全国9地裁・支部で起こされた。仙台、東京の両地裁がすでに判決を出しており、旧法を違憲と判断したのは仙台に続き2例目となった。