小金沢さん釈放「申し訳ございません」 酒気帯び事故、任意捜査へ

釈放され、東京湾岸署前で報道陣を前に謝罪する小金沢昇司さん=東京都江東区(桐原正道撮影)
釈放され、東京湾岸署前で報道陣を前に謝罪する小金沢昇司さん=東京都江東区(桐原正道撮影)

 酒を飲んで車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び)の疑いで逮捕、送検された演歌歌手の小金沢昇司さん(62)が30日午後、釈放された。警視庁は任意で捜査を続ける方針。

 午後3時半すぎ、東京湾岸署の玄関を出た小金沢さんは、黒いスーツ姿で「本当に申し訳ございませんでした」と謝罪し、頭を下げた。報道陣から「全く覚えていないのか」と問われると「そんなことはないです」と答え、そのまま迎えの車に乗り込んだ。

 警視庁によると、小金沢さんは28日正午すぎ、東京都杉並区の環状7号線を走行中にトラックに追突。警察官による呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出され、28日に逮捕、30日午前に送検された。トラックの運転手にけがはなかった。

 小金沢さんは歌手の北島三郎さんの元付き人で、1988年にデビューした。