「近畿の警察官」表彰式 「初心に立ち返り精進」

表彰された警察官ら=30日午後、大阪市天王寺区の大阪国際交流センター(永田直也撮影)
表彰された警察官ら=30日午後、大阪市天王寺区の大阪国際交流センター(永田直也撮影)

 治安の最前線で安全な社会づくりに貢献した近畿2府4県の警察官を顕彰する第134回「近畿の警察官」(産経新聞社提唱、近畿地区信用金庫協会、富国生命保険相互会社協賛)は30日、大阪市天王寺区の大阪国際交流センターで表彰式を行った。

 晴れの受賞者は、滋賀県警捜査2課、西澤篤警部補(51)▽京都府警鉄道警察隊、猪本賢行警部補(58)▽大阪府警豊中署地域課、山上賢治警部(52)▽兵庫県警尼崎南署刑事1課、小谷洋一警部補(49)▽奈良県警捜査1課、川窪康裕警部補(49)▽和歌山県警和歌山北署地域課、瀧本敦哉警部補(56)-の6人で、家族とともに出席した。

 扇谷英典・産経新聞社常務取締役大阪代表が、表彰状と警察官章バッジを贈呈。受賞者を代表し、川窪警部補が「初心に立ち返り、自覚と責任を持って一層の努力を重ね、精進していく覚悟です」と謝辞を述べた。