JAPAN Forward 日本を発信

クジラ文化を世界に

【JAPAN Forward 日本を発信】クジラ文化を世界に
【JAPAN Forward 日本を発信】クジラ文化を世界に
その他の写真を見る (1/2枚)

 Announcing ‘Whaling Today’ Website:

 Voices from Where Whaling is a Way of Life

 (新ウェブサイト「ホエーリング・トゥデイ」開設:

 捕鯨で生きる人々の声を伝える)

 英語ニュース・オピニオンサイト「JAPAN Forward」(JF)はこのほど、クジラに関する日本文化を世界に英語で発信する新しいウェブサイト「Whaling Today(今日の捕鯨)」(WT)を、日本鯨類研究所の協力を得て立ち上げた。JFのトップページ右側のバナーをクリックすると、WTにジャンプする。

 上の英文(日本語訳)は、新サイトの開設をお知らせするJF記事の見出しである。なぜ、今なのか。

 「日本はクジラ殺しをやめよ」-。米紙『ニューヨーク・タイムズ』がこんな見出しの社説を掲載したのは2018年の大晦日(おおみそか)である。社説では「世界の大多数の国々では、クジラ殺しを許容しうる時代はもう終わっている」との主張を展開した。

 日本が翌19年6月に国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、7月、31年ぶりに商業捕鯨を再開すると、米公共ラジオ局は日本のことを「国際ルールを著しく無視する海賊捕鯨国家」と呼ぶなど、欧米メディアは日本の「残忍さ」や「野蛮さ」を非難する罵詈(ばり)雑言を浴びせかけた。

 同じ捕鯨国のノルウェーやアイスランド、デンマークなどが同様に批判されることはなかった。一方で、日本側の主張が欧米メディアでしっかりと取り上げられることもなかった。

 それから1年。今夏は、新型コロナウイルスの感染拡大もあり、国際的な対日批判は下火になっている。だが、日本バッシングは感情的な分、再燃しないとの保証はどこにもない。