ネット同時配信、著作権法改正へ 権利処理簡素化の報告書

 文化審議会の作業部会は30日、テレビ番組を放送と同時にインターネットでも流す「同時配信」の権利処理手続きを一部簡素化する報告書をまとめた。同時配信に加え、放送や配信途中でも最初から視聴することができる「追っかけ配信」や終了後に一定期間見られる「見逃し配信」も対象とし、ネット配信で提供映像や音楽を円滑に利用できるようにする。

 政府は来年の通常国会に著作権法改正案を提出する方針。

 テレビ放送とネット配信は著作権法上、手続きが異なっている。このため、権利者からの使用許可を得るのが間に合わず、テレビでは流された映像が、配信では見られないというケースが起きている。こうした課題を解決するため、作業部会が議論を進めていた。

 報告書では、提供映像や写真などについて放送の許諾があれば「別段の意思表示をしていない場合には、同時配信などの許諾も行ったものと推定する」という規定の創設が考えられるなどと提言している。

会員限定記事会員サービス詳細