酒気帯び容疑で米兵逮捕

 沖縄県警沖縄署は29日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、米陸軍トリイ通信施設(同県読谷村)所属の3等軍曹、ウィリー・イエッツ・ジュニア容疑者(31)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は29日午前5時半ごろ、同県北谷町美浜2丁目の国道58号で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとしている。

 署によると、当初は容疑を否認していたが、その後「28日夜に自宅でウイスキーを飲んだ」と供述している。

 方向指示器を出さずに左折したのをパトロール中の警察官が確認。停車させた際、酒の臭いがした。呼気から基準値の約1・5倍のアルコールが検出された。