ミルクボーイ悲願の初出場 「THE MANZAI」全22組決定

初出場となるミルクボーイの駒場孝(左)と内海崇(C)フジテレビ
初出場となるミルクボーイの駒場孝(左)と内海崇(C)フジテレビ

 12月6日午後7時から放送される「THE MANZAI 2020 マスターズ」(フジテレビ系)全22組の出場者が28日、発表された。

 昨年の「M-1グランプリ」王者、ミルクボーイが悲願の初出場を果たすほか、5年ぶりにテレビで漫才を披露するブラックマヨネーズ、2年連続出場となるアンタッチャブル、最高顧問を務めるMCのビートたけしが「(ツボに)はまっちゃって笑いが止まらなかった」という中川家らが一堂に会する。

 ミルクボーイは、14年に開催された賞レース(当時)の同番組で1回戦敗退となった悔しい過去があった。今大会に向けて作ったという20年の集大成と位置づける新ネタ「間違い探し」をテレビ初披露するが、駒場孝と内海崇は「ミルクボーイの新ステージを感じてもらえたら。第二の漫才人生が動き出したなという感覚」と意気込みを語った。

 若手漫才師たちがマスターズの出場権をかけてネタバトルを繰り広げる事前番組「THE MANZAI 2020 プレマスターズ」(5日後4・30、関東ローカル)にはオズワルド、すゑひろがりず、ミキ、四千頭身ら10組が出場。観客投票で1位に選ばれた漫才師がプレマスターズに招待される。

 マスター22組と若手勝ち抜き枠1組の計23組による年に一度の漫才最高峰の祭典。MCはたけしほか、ナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)、三田友梨佳アナウンサー。

 出演者は以下のとおり(五十音順)。

 アンタッチャブル、ウーマンラッシュアワー、海原やすよ・ともこ、おぎやはぎ、かまいたち、銀シャリ、サンドウィッチマン、霜降り明星、タカアンドトシ、千鳥、テンダラー、とろサーモン、ナイツ、中川家、NON STYLE、博多華丸・大吉、爆笑問題、パンクブーブー、ブラックマヨネーズ、ミルクボーイ、和牛、笑い飯、プレマスターズを勝ち抜いた1組。

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細