デビュー高橋組は2位発進 SPは坂本、鍵山がトップ NHK杯

フィギュアスケートNHK杯の女子ショートプログラム。坂本花織選手=27日、東和薬品RACTABドーム(代表撮影)
フィギュアスケートNHK杯の女子ショートプログラム。坂本花織選手=27日、東和薬品RACTABドーム(代表撮影)

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯は27日、大阪府門真市の東和薬品ラクタブドームで開幕し、3組が出場したアイスダンスで2010年バンクーバー冬季五輪男子銅メダルの高橋大輔が村元哉中(以上関大KFSC)と組んでデビューし、リズムダンス(RD)で64・15点の2位となった。小松原美里(倉敷FSC)ティム・コレト組が70・76点で首位。

 女子ショートプログラム(SP)は18年平昌五輪代表の坂本花織(シスメックス)が三つのジャンプを全て決め、75・60点で首位発進。18年世界選手権2位の樋口新葉(明大)は冒頭のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒したが立て直し69・71点で2位。

 男子SPはユース五輪王者でGPデビューの鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)が2種類の4回転を成功させ、87・26点でトップ。友野一希(同大)が83・27点で2位につけた。